特別講演

「ゲーム評価関数の機械学習」
保木 邦仁 (東京電気通信大学)


追悼セッション

「藤田稔夫先生:Hansch-Fujita法の誕生と歴史」


招待講演

「ヒトiPS細胞技術とin silico技術を用いた薬物誘発性不整脈の予測」
黒川 洵子 (静岡県立大学 薬学部)

In silico methods for antibody developability」
白井 宏樹 (アステラス製薬株式会社)

「大規模分子動力学による生命科学と創薬応用」
杉田 有治 (理化学研究所)

「水稲用除草剤ピリミスルファンに関する研究」
中谷 昌央 (株式会社ケイ・アイ研究所)


一般講演

口頭発表(30日)及びポスター発表(29日){←クリックすると特別、招待、一般講演のプログラムがPDFでご覧になれます}が行われます。